広島整体
腰痛整体

腰痛整体

接骨院と整体院の違い

>

今週は接骨院と整体院の違いについてのお話です。


皆さんは接骨院と整体院の違いはご存じでしょうか?

大きな違いで言えば「国家資格者がいるかどうか」という違いです。

国家資格者がいる接骨院では保険の適応ができます。もちろん専門的な知識と技術を持っているので安心と安全を提供できます。

しかし接骨院で保険を使うには条件を満たしていないと使うことはできません。

その条件とは「いつ、どこで、何をしていて痛めたのか」を明確にすること、その怪我が1ヶ月以内のものであること、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷のいづれかであることです。(骨折と脱臼に関してはドクターの同意が必要)

よってこれ以外のもの、例えば肩こりや慢性的な腰痛、四十肩や五十肩では保険治療は行うことができません。

接骨院では原因のある怪我を根本的に治療します。

整体院は主にリラクゼーションを目的としており一時的な緩和となります。国家資格者がいないので治療行為は禁止されています。
このように国家資格者がいるといないとで大きな差が生まれます。

なので臨機応変に使い分けるのも1つの方法です。

今日は疲れて全身を揉みほぐしてほしいと思えば整体院へ、ぎっくり腰や寝違い、捻挫や肉離れ等の痛みの治療には接骨院へ。

ちなみに最近増えてきている「整骨院」は接骨院と同じと思って頂いてかまいません。

ちなみにつくしには「整体治療」というものがありますがつくしの整体内容は基本的には保険治療との違いはありません。では何が違うのか。簡単に言うと治療できる範囲の違いがありますがこの話については、またいずれお話したい思います。

By

治療の流れ

アクセス

ジュンテンドー沼田店さん向かいの川を渡った所になります。

広島県広島市安佐南区伴東3-5-11
/**電話カウント /**