広島整体
腰痛整体

腰痛整体

災害の警報とは。

>

大雨が続いてしまい、災害が起こるのではないかと毎日不安な方もおおいのではないでしょうか。そんな時に大切な警報についてご紹介します。


特別警報

・注意報/災害が起こるおそれのあるときに注意を呼び掛ける予報

・警報/重大な災害が起こるおそれがのあるときに警戒を呼びかけて行う予報。

・特別警報/重大な災害の危険性が差し迫っている場合に命を守る行動を呼びかける予報。
※特別警報が出ていないからといって安心してはいけません。注意報・警報、土砂災害警戒情報でも災害発生のおそれがあります。現在、避難情報が出ていなくても、周囲の状況で危険と思ったら「念のため、明るいうちの自主避難」が大切です。
特別警報と命を守る行動

命を守る行動(立ち退き避難と屋内安全確保)

気象庁から特別警報が発表されるとテレビやラジオなどで報道され、市町村からも「直ちに命を守るため最善の行動をとってください」というような呼びかけがあります。
「命を守る行動」とは

その家の位置、地形などの状況によってその避難方法も異なります。
家の裏が急傾斜地であれば、土砂災害(がけ崩れ、土石流、地すべり)の恐れがあります。

直ちに安全な場所への「立ち退き避難」が必要です。ただ、すでに夜間であったり、濁流や豪雨などで避難が困難な場合は無理せず、斜面から離れた2階の部屋に避難する「屋内安全確保」を選択します。
また、川の流域に家があれば、浸水や流失の危険性がありますので直ちに安全な避難場所へ「立ち退き避難」します。

しかし、流失のおそれがない家の場合でも低地であれば浸水のおそれがありますので、二階などへ避難する「屋内安全確保」等の行動を取る必要があります。
市区町村の防災無線、広報車、エリアメール、テレビ、ラジオなどで広報される避難情報にも注意が必要です。(特別警報が出されると市町村から何らかの避難情報が出されます)
☆雨が小降りになった後に洪水、土砂災害が発生する場合もあります。警報などが解除されるまで厳重な警戒が必要です。

☆特別警報が出された周辺地域でも警戒が必要です。
避難情報

避難情報は様々な情報と危険度を考えて市区町村が避難が必要と判断した場合、住民に対して発表されます。

①避難準備情報/住民に対して避難の準備呼びかけるとともに、高齢者や障がい者などの災害時要援護者に対して、早めの段階で避難行動を開始することを求めるものです。

②避難勧告/災害によって被害が予想される地域の住民に対して、避難を勧めるものです。

③避難指示/住民に対し、避難勧告よりも強く避難を求めるものです。避難勧告よりも急を要する場合は人に被害が出る危険性が非常に高まった場合に発表します。ただちに避難行動を開始してください。
避難の種類

①留まる/濁流などで外に出ることが危険な場合や、夜間などで避難途上で遭難する危険性がある場合、すぐに流失の危険性がないと判断した場合はその場(自宅)に留まる。

浸水や孤立のおそれがあればただちに救助を要請し救助隊を待ちます。その間、出来るだけ高い場所へ移動。浸水し危険が迫ってきた場合は、天井を破って屋根の上で待ちます。(屋内安全確保)
②垂直避難/流失の危険はなくても洪水のおそれがある場合、自宅や隣接建物の2階以上の高いところへ避難します。(屋内安全確保)
③水平避難(指定避難場所)/市区町村が指定している体育館などの避難場所にします。(立ち退き避難)
④水平避難(知人・親せき宅など)/同じ水平避難なのですが、指定避難場所への避難でなく、安全な知人や親せきの家などに避難します。(立ち退き避難)
正しい知識で、備えておきたいですね!

By

治療の流れ

アクセス

ジュンテンドー沼田店さん向かいの川を渡った所になります。

広島県広島市安佐南区伴東3-5-11
/**電話カウント /**