広島整体
腰痛整体

腰痛整体

腰椎椎間板ヘルニアの自然退縮

>

腰椎椎間板ヘルニア

こんにちは!
つくし鍼灸接骨院 広島市安佐南区沼田院です。

腰痛で整形外科を受診し、ヘルニアと診断され、痛み止めの注射や飲み薬、湿布の処方だけで、なかなか治らない…

このような腰痛治療の見解は…
「過去の事例で、MRI画像で椎間板の突出を確認していたが、いつまにか自然退縮していて、治ったことがあるから…」
ということが考えられます。

つまり、時間が経てばいつか治るというような感じですね。
でも、今出ている痛みを取り除きたい人にとって、いつ治るかを待つのは辛い…

しかし、
早く治るコツは、ヘルニアになりやすい状態から、ヘルニアになりにくい状態にかえることです!

もともと椎間板は腰椎(腰骨)の間にクッションの役目として挟まれているものですが、この椎間板に均等に圧が加わらなかった場合、椎間板の中にあるゲル状の髄核が圧の低いところへ逃げ、その方向に神経があると圧迫し、痺れが出るのです。
つまり、不良の姿勢で長時間の運転や事務作業などを行うと発症しやすいのです。
ちなみに腰痛自体は不良姿勢による筋肉の痛みですので、併発しにくいこともあります。

当院の治療法でも、ヘルニアの場合は姿勢を改善し、椎間板に圧が均等に加わるように治療をし、軽快するようにしています。

ちなみに、医者も我々も、
ヘルニアが完全に退縮するか否か、
退縮までの期間を明言するのは困難であることは個人差や生活習慣もありますので、ご了承ください。

By

治療の流れ

アクセス

ジュンテンドー沼田店さん向かいの川を渡った所になります。

広島県広島市安佐南区伴東3-5-11
/**電話カウント /**