お子様と一緒に通える接骨院 腰痛・ヘルニア・骨盤矯正 痛みを抑え、理想の身体造りへ

はりと灸

sinkyu1
hari02

photo-hari-01つくしの鍼灸治療は、皮膚や筋肉、ツボに鍼を刺し施術を行います。
鍼灸とは、「はり・きゅう」または「しんきゅう」と呼ばれており。東洋医学や漢方医学の一分野として中国に起源をもつ日本の伝統的医療です。
近年では、公的な医学研究所・医科大学・鍼灸大学や鍼灸短期大学・医療機関等で科学的な各種の実験、 研究がされて少しづつ鍼灸医学の効果が証明されてきましたので、日本はもちろん、米国やヨーロッパ各国でも鍼灸が盛んになってきてます。

hari03

  • 鎮痛効果
    鍼灸治療は中枢神経内に天然のモルヒネのような物質を放出させ、
    痛みを伝える神経の興奮をブロックします。。
  • 筋肉の弛緩
    鍼を刺すことで、体の防御作用が働き、固まった筋肉を弛緩させてます。
  • しびれの軽減
    筋肉や筋膜のトラブルによる痺れが鍼灸治療により軽減できます。

衛生面は大丈夫なの?

ひと昔前までは問題になっていた鍼灸院における感染症などの問題ですが、現在ではほとんどの治療院で 滅菌済みの使い捨て鍼(ディスポーザブル鍼)を使用しています。当院でももちろん一回で使い捨ての鍼を使用していますのでご安心下さい。

痛くないか心配なんだけど?

いわゆる注射のような痛みはほとんどありません。鍼灸治療で使う鍼は、髪の毛程度の非常に細いものなので、刺しても気づかない患者 さんもおられる程です。
注射針は、薬を体内に入れる為、針の中がストローのような空洞になっているのでより痛みを感じやすいのですが、 鍼灸の鍼は、より細いので皮膚を滑り込むように入っていくので、刺激を受けにくいのです。

お灸ってどんなもの?

「灸」はいわゆるおきゅう、もぐさに火をつけてツボに温熱刺激を与えるものです。 一般的に、直接皮膚にもぐさをのせる「直接灸」よりも、モグサと皮膚の間にスペースを取る「間接灸」の方が温まり方が穏やかで、 やけどの跡が残ることもありません。初めて鍼灸を受ける方には刺激の少ない「間接灸」をお勧めしております。

国家資格者が治療を行います。

hari1鍼灸治療を行えるのは定められた専門の勉強を行い、国家資格に合格した「鍼灸師」です。
鍼灸師が痛みを取り除く最も早い方法を念頭に、痛い場所につながる経絡などをしっかり観察、触診し、鍼灸治療を行うツボを選択します。
それは実際に痛みの出ている場所だけでなく、別の離れた場所が治療ポイントになる場合もあります。
つくしでは、痛みを取り除く治療はもちろんのこと体全体の調子を整える全身治療を行っています。また当院では患者様のご負担が軽くなるよう、保険での鍼灸治療をおすすめしております。

PAGETOP
Copyright © 株式会社ポールスター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.