OZPA87_katakorigayabai20130707_TP_V

当院では以前から「朝起きたら首が痛い」、「起きてから痛みで首が動かせない」といった、いわゆる寝違いで来院される方が多くおられます。

患者様からは、治療を重ねていく中で「痛みがなくなった」、「首が動かせるようになった」などと感謝の言葉を頂いております。

中には発症後、1~2週間程経過してから「なかなか治らない」と言って来院される方も多くおられますが、なぜなかなか治らないのでしょうか?
実は、自分で首をマッサージしたり無理なストレッチをしているとなかなか良くならないのです。

寝違いは猫背の人に多くみられます。猫背になると普段から首こりや肩こりになりやすく、非常に首へ負担が掛かっております。そのような状態で、ソファーで寝ていたり、こたつで寝ていたりと不良姿勢で長時間睡眠を取ることでさらに首へ負担を掛けてしまい、筋肉が過緊張し炎症を起こします。
発症直後は炎症が強いため、無理に動かそうとすると炎症が広がり悪化する可能性が非常に高く、発症直後のマッサージやストレッチはおすすめできません。正直に言えば、放っておいても痛みは引きます。ですが時間もかかりますし、再発もします。

当院の治療では、まず炎症を抑える為の電気治療や鍼灸治療を行います。そして、炎症が引き始めると筋緊張を緩めるために指圧やストレッチを行いながら、寝違いに大きく関わり、猫背の原因でもある骨格の歪みを矯正していき、ピラティスなどのボディワークを行うことで良い姿勢を維持できる体にしていきます。このようにして猫背の解消と寝違いの再発を防止していきます。
よく寝違いになる方や、何か気になる事がある方はご相談下さい。