臀部から大腿後面にかけて痛みが発生します。坐骨神経を圧迫してしまうことで痛みやしびれを自覚します。
-case-
坐骨神経痛 38歳 男性 仕事 教員
1年前から右臀部からふくらはぎにかけて痛みと痺れを感じていました。仕事上、座位の姿勢が多く長時間座っていると、症状が悪化します。
初回、臀部の筋の過緊張と股関節の可動域の低下、右ふくらはぎにしびれあり。指圧・ストレッチ・特殊電気を選択しました。
2回目、初回から次の朝までは臀部は楽だったが、仕事中、痛みが出るので、鍼灸に治療内容を変更しました。
3回目、臀部の痺れの範囲は変わらないが昼まで痛みは出なくなりました。
4回目以降は、徐々に指圧・ストレッチの量を上げていき、鍼灸で痺れの改善を図りました。
治療開始から一か月(12回)が経過後、右臀部の痛み・ふくらはぎの痺れは軽減し、夕方まで楽に仕事が出来るまで回復しました。
思い当たる節があったり、現在このような症状をお持ちの方は、一度ご連絡してください。