「薬指や小指に痺れや痛みがある。」「小指に力が入りにくい。」「肘が完全に曲げられない。」などの症状が現れる疾患、肘部管症候群についてご紹介します。
肘部管症候群は「40~50代の男性。」「子供の頃、肘を骨折したことがある。」「肘を酷使する仕事をしている。」などの方に多く見られる疾患で、小指側を通る神経(尺骨神経)の圧迫によって起こります。

当院で実際、肘部管症候群の治療を受けた方は「痺れと痛みがなくなった。」「薬指や小指の力がはいるようになった。」など、嬉しい言葉を頂いております。

多くの方は、「痺れのある部分に電気治療をした。」「首の治療をしたけれど治らなかった。」などと言われます。
この肘部管症候群は、痛みやしびれのある場所の治療だけでは思うように緩解していきません。それは原因が薬指や小指にあるのではなく、そこを支配している神経(尺骨神経)が何らかの理由により、肘関節付近で圧迫されているからです。

肘部管とは、肘の骨と靭帯で構成されているトンネルのような場所のことで、長期間肘を酷使すると、この肘部管にある靭帯が緊張し、肘部管を通っている神経(尺骨神経)が圧迫され、薬指や小指の痺れや痛み、筋肉の萎縮などの症状が出る疾患です。
圧迫の原因としては、お仕事で肘を酷使している方、肘に変形がみられる方(変形性肘関節症)、スポーツでのオーバーユース(使い過ぎ)、慢性関節リウマチ、ガングリオン、軟部腫瘍などですが、多くは筋肉や靭帯による尺骨神経の圧迫です。

当院では、ガングリオンやリウマチ、腫瘍、筋肉の拘縮が強い場合など、状態によっては他の医療機関をご紹介させていただきます。ですが、筋肉の萎縮がない、明らかな知覚消失のない場合は当院で治療を行います。その場合、周りの筋肉や靭帯を緩めるために鍼灸治療や電気治療を行っていきます。こうすることで神経の圧迫が無くなり、痛みや痺れが取れていきます。ただ、この肘部管症候群は、悪化してしまうと治るのに時間を必要とします。痺れや痛みなどの神経の異常は、体から出る何かしらのSOSなので違和感を覚えた際はお早めにご相談ください。