慢性腰痛

なぜ腰痛が治らないのか?

つくし鍼灸接骨院では、開院当初から他の治療機関では良くならなかった腰痛で来院される患者様が後を絶ちません。しかしながら、当院では腰痛に対しての治療成績は割と良く、多くの患者様から「寝起きが痛かったが、治療してもらって起きるのが楽になった」「前屈みが楽になった」と感謝の言葉を頂いております。
 腰痛で何処かの治療機関に通ったことのある方も多いと思いますがその治療機関でどのような治療をされてきましたか?指圧と物理療法がメインで骨格の歪みについてはあまり触れられていなかったのではないでしょうか?姿勢や歪みの話はあっても具体的な改善方法や日常生活における姿勢の指導などはあまり無かったのではないでしょうか?
歪みに対しての治療はあったけど途中で治療をやめてしまったりしていないでしょうか?

腰痛の真の原因は?

 
そこでまず、腰痛とはなぜ起きてしまうのかをお話しましょう。それは、ずばり体の歪みなのです。急性の怪我や内科系疾患でない限り、歪み以外ありません。本来背骨は横から見るとS字カーブを描いており、正常な形でなければ体も正常に働きません。この正常なS字カーブは体の深層筋であるインナーマッスルによって維持されます。しかし、普段の立ち姿勢や座り姿勢、お仕事での体の使い方に問題があれば骨格は歪んでいきます。歪んだ状態が長ければ長いほど、インナーマッスルが機能しなくなり歪んだ状態から戻せなくなるのです。
では、そうなってしまうとどうなるかですが、腰は荷重関節であり上半身の重みを常に支えています。これに耐えられるのは正常な骨格だけなのです。骨盤や背骨が歪んだ状態では長くは支えることができないのです。なので、負担が予想以上に掛かり、筋肉に限界がきてしまい腰痛やひどい場合はギックリ腰、さらに歪みを放置していれば腰椎椎間板ヘルニアといった最悪の状態を招くのです。

つくしではどんな治療をするの?

 
さて、このように歪みと腰痛の関係性がかなり深い事がわかって頂けたと思いますが、当院ではどのような治療をして多くの腰痛患者様を救うことができているのかと言いますと、まずは骨格矯正をしていきます。しかし、骨格矯正だけではまたすぐに歪みが戻るので正しい骨格を維持する為のインナーマッスルがまた正しく働くようにエクササイズをしていきます。最後に鍼灸治療によって痛みを抑えてていきます。しかし、一度歪んだ骨格を戻すのは簡単ではありません。この治療を最低でも週二回、三ヶ月やっていき根本原因の歪みを除去していきます。骨格が戻れば再発もかなり抑えていけるでしょう。