pixta_13373816_M
「元々、腰が痛かったけど最近足に痛みやしびれが出るようになった。」「長時間座っているのが辛い」「前かがみになると痛みやしびれが強くなる。」といった症状で悩んでいませんか?そういった症状で悩んでいる方は「腰椎椎間板ヘルニア」の可能性があります。この症状は20~40代の男性に多くみられる症状です。

当院にも多くの方がこういった症状に悩まされて来院されています。
そして治療を終えた多くの患者様から「痛みやしびれが無くなった。」「長時間座っていても大丈夫になった。」という声を頂いております。

当院には、今まで治療をしても症状が改善されなかった方も多く来院されます。そういった方たちからは「牽引してもらったけど、あまりよくなった気がしない。」「湿布を貼ったけど、痛みもしびれも取れない。」「腰に電気をかけたけど、症状が変わらない。」という話をよく聞きます。なぜ治療をしているのに、症状がよくならないのでしょうか?

まずは、腰椎椎間板ヘルニアがどういう疾患であるかを説明します。
『ヘルニア』という言葉は「本来あるべき場所から飛び出す状態」という意味の言葉です。つまり、腰椎椎間板ヘルニアとは「腰椎の間にある椎間板が何らかの理由で飛び出てしまっている状態」という意味です。そのようになると飛び出した椎間板が神経を圧迫し、痛みやしびれを引き起こしています。椎間板が飛び出てしまう理由としては、主に普段の生活や姿勢の悪さからくる身体の歪みです。本来、人間の骨格はS字に弯曲しており、背骨にカーブがあることによって首や体にかかる衝撃を全体に分散させています。ですが、身体が歪んでしまうと、そのS字カーブが無くなり、背骨全体で支えていた衝撃が一つの場所に集まり、そこにばかり負担がかかります。腰椎椎間板ヘルニアの場合は腰の骨である腰椎に負担がかかり、椎間板が潰れて飛び出てきてしまいます。では、どうすれば根本的に治るのか?まず、突出している椎間板は圧力があまりかかっていない状態が続けば、自然と元に戻っていきます。ただ、身体の歪みが存在すると負担が同じ場所にかかってしまっており、圧力もなくなりません。そのため身体の歪みが無くならないといつまでも症状に苦しめられてしまいます。

この原因を取り除くために当院で行っている治療としては主に3つあります。
①身体の歪みを取り除く治療(骨格矯正)
②痛み、しびれを抑える治療(鍼灸治療など)
③筋肉の緊張を取り除く治療(指圧など)
この3つを行い、姿勢を保つための軽いエクササイズを行うことで症状を取り除くだけではなく、症状が今後現れない身体を作っていく治療を当院では行っています。上に書いてあるような症状に思い当たる方はぜひ一度ご連絡ください。