「タオルを絞るのが痛い」「ドアノブを回すのが痛い」「特に運動したわけではないのに肘が痛い」こんな声を聞きますが、それは外側上顆炎(テニス肘)かも知れません。
 この症状は、腕や手首を使いすぎることによって起こります。30代後半から50代に多く、テニスなどの腕を使うスポーツでなくても、日常、普通に行っている動作が原因で起こることも少なくありません。
 
実際に治療させていただいて、「肘の曲げ伸ばしが楽になった」「日々の生活の注意点やアドバイスでも痛みが軽減した」との声もございます。
 
痛みの軽減であれば、痛いところを冷やしたり、痛み止めを飲んだりすれば楽になるかもしれませんが、その場しのぎになります。日常の繰り返し動作が原因で起きている方は、負担になっている動作の原因を追究し、肘をその負担から解放してあげることが大切になります。

ではなぜ、スポーツをしていなくても日常生活の動作で症状が出てしまうのでしょうか?
意外なことに、パソコンに向かう時間が長い方、特に入力作業が多い方は発症します。キーボードやマウスなどの操作が原因になることがあるのです。
具体的に何が良くないのかというと、手指と手首が反らされた状態で、維持しておくことです。操作中は特に自覚はないかもしれませんが、繰り返し、長時間続けることによって、肘に付着している筋肉(前腕伸筋群など)に負荷がかかり、炎症が発生します。
また、料理や掃除、洗濯などの家事で、無意識のうちに手首、手指が反り返り、負担がかかっていることも少なくはありません。

 当院での治療といたしましては、まず負担になっている原因、動作の発見。痛みの軽減のために、テーピングで可動域の制限をかけ、必要であれば疼痛動作の中止をし、患部の安静を図ります。
 負担になっていた筋肉は過緊張を起こしているので、緊張を取るために指圧、深部には鍼治療を行っていきます。また、痛み、炎症の除去には超音波治療が最適なので併用して治療していきます。
 この症状では、今まで痛みの原因になっていた動作の除去、誤った体の使い方の見直しが必要不可欠になります。私たちと一緒に原因を追究し、肘の痛みを解消しましょう。