OMG151018110I9A1844_TP_V (1)
「頭痛が酷くて予定をキャンセルした」
「頭が痛くて仕事に集中できない」
「後頭部が痛い、頭が締め付けられている感じがする」
「肩こりが酷すぎて気分が悪い」
など、様々な訴えがある肩こり、頭痛(緊張型頭痛)。当院でも毎月このようなお問い合わせがあり、主に長時間デスクワークに追われている方、運動習慣が無く、筋力不足の女性が治療に通われています。運動が苦手、続かないという方は、是非ご連絡ください!

実際、当院で治療させていただいて、
「頭痛の頻度が減った」
「頭痛薬を持ち歩かなくてもよくなった」
「体が軽くなり、ぐっすり寝られるようになった」
とのお声をいただいております。

長年悩まされている方や、この先も治らないと諦めている方。今まで治療されたことはございますか?
無い方は、是非ご連絡して下さい。治療された経験のある方は、局所的な治療、薬などの一時的な緩和で痛みをごまかしていませんか?
原因を追究し、根本的な問題を治療すれば、解決できるかもしれません。必要なのは治療だけでなく、日ごろの姿勢の意識が大切になります。
いくら治療してもその後の不良姿勢で負荷がかかりまた再発してしまう。という繰り返しになってしまいます。

そもそも、なぜ肩こり、緊張型頭痛は起こってしまうのでしょうか。
人間は本来、重力に逆らって立っており、背骨が生理的なS字の湾曲を呈し、背骨の上に頭が乗り、背骨全体で支えています。
しかし、肩こり、頭痛に悩まされている方は、長時間のパソコン作業や筋力不足で自分の体を支えきれずに、円背いわゆる猫背の姿勢になり、頭部が前に出てしまいます。
猫背になってしまうと、背骨のS字カーブが無くなり、背骨全体で支えていた頭部が、首、肩周りの筋肉で支えるようになってしまいます。
その重みを支えるため、筋肉が常に緊張状態になり、肩こりになってしまいます。さらに筋肉の緊張によって、神経、血管が圧迫されることにより、緊張型頭痛が起こってしまいます。
また、筋肉の緊張状態は、背骨の捻じれも生み出します。

当院では、この症状は首、肩だけの問題だけではなく、筋肉の周りを取り巻く筋膜が足まで連結しているので体全体を調整させていただきます。そのため、最初にお体全体を見せていただきます。
治療内容といたしましては主に3つあります
1. 筋肉の緊張をとる治療(鍼灸治療など)
2. 筋肉の緊張や、日常の癖によって歪んだ姿勢を整える治療(骨格矯正)
3. 良い姿勢が維持できるように、使えていない筋肉、体を支えるために必要な筋肉をエクササイズしていく治療(ピラティスなど)
最終的には自分で自分の体をコントロールし、自ら体をケアできる状態に出来ることを目指しています。
前かがみになるような家事、仕事をしないというのは不可能な話なので、作業が終わった後に、“自らの意志で”正しい姿勢を作り、体をリセットしていただければ、今まで悩まされていた症状は改善していくと考えられます。
正しい姿勢よりも自分が楽な姿勢で覚えてしまった体は、最初は正しい姿勢をとるのも難しいですが、背筋を伸ばす意識とそれを支えられるだけの筋肉のエクササイズを行えば維持ができるようになっていきます。
私たちと一緒に悩まされていた症状に立ち向かっていきましょう