OZP73_katakoriyabai20130707_TP_V
「衣服の脱ぎ着ができない」「腕が挙がらない」「背中がかけない」など、日常生活に支障がある痛みはありませんか?
それは「四十肩」の可能性があります。

日常生活に支障が出る程の痛みではなくても、
「最近腕を挙げることに違和感がある」
「スムーズに上がらなくなっている」
これは四十肩の初期症状に当てはまります。

四十肩で当院に来られた方からは、
「衣類の脱ぎ着が出来なかったのが、簡単にできるようになった。」
「腕が挙がるようになった。」
「背中がかけるようになった。」と喜びの声を頂いております。

ですが、「当院に来るまでにいろいろ試してみたけど治らなかった。」という声も多くありました。では、なぜ治らないのでしょう。
痛みを消すために薬で誤魔化したりしていませんか?
痛みを我慢して、無理なストレッチをしていませんか?
電気治療だけでその時は良くてもすぐ戻ったりしていませんか?
そういった方は、根本の治療をしておらず、再発してしまうのです。

四十肩とは肩関節症周囲炎の俗名の事を言います。
四十肩は肩や肩甲骨、胸椎の動きやバランスが崩れて正常に肩を動かすことができず、痛みが出ている場所に負担がかかることが原因で肩関節の拘縮が起こってしまう疾患です。拘縮とは、肩関節を包む関節包(関節をスムーズに動かすための構造物)および関節包以外の軟部組織(筋肉、靭帯)が固まった状態のことを言います。そういった状態は、姿勢の崩れ、老化変性、長い間肩を大きく動かしていない、などがきっかけで起こります。

当院では、まずしっかりとした検査方法で姿勢の崩れに着目し、身体全体を使った筋力トレーニングやエクササイズを入れて治療をしていきます。そして、痛みがある方には電気治療、状態により鍼治療もプラスし自然治癒力を高め、炎症なども抑えていく治療をしていきます。拘縮の予防にはストレッチを行っていきます。
このように局所の治療だけでなく体全体のバランスを整えていくことにより、根本治療による再発防止が可能です。
現在の肩の状態で気になる点や疑問がある方は、当院へご相談ください。