当院では、足を捻って来院される方や足を捻った後の違和感があると来院される方、特にスポーツをしていて足を捻挫する方が多くいらっしゃいます。

来院された方からは「捻挫をした後の違和感が消えない。」「一度捻挫をしてから頻繁に捻挫をしてしまう。」などの症状をよく聞きますが、当院での治療後は「違和感がなくなった。」「捻挫をしにくくなった。」など嬉しいお言葉を頂いております。

ではなぜ、違和感が残ったり何度も足を捻ってしまうのでしょうか。
再発される方の多くは「電気治療を1回したら痛みが無くなったので治療をやめた。」「痛み止めの薬を飲んでいたら良くなった。」「なるべく動かないようにして、湿布を貼っていたら治った。」とおっしゃられます。ですが、足の痛みがなくなっても、根本の原因がなくなっていないと捻挫は何度も再発してしまいます。

そもそも足関節捻挫とは、足を踏み込んだ際にバランスを崩し着地が上手くいかず、足首に無理な力がかかってしまい、足首の靭帯が損傷を起こしてしまう事です。何度も足を捻ってしまう方は、身体の歪みが大きく関係しています。身体の歪みがあると、どちらか片方の足に負担が増え、足の動きも悪くなります。その負担のかかった足に急激な力が加わることで捻挫は起きやすくなるのです。特にスポーツをしている方は足を踏み込む動作が多く、急な動きをしたりするので負担も大きくなってしまいます。
身体の歪みは、日常生活や職場での姿勢などによって誰にでも起こります。一度捻挫した足は、身体の歪みが治らない限り再発することが多いのです。

当院では、足関節捻挫の再発が起きないように、足のバランスだけでなく全身のバランスをチェックしていきます。痛みに対しては鍼治療と電気治療を行い、筋肉の硬さを緩める為に指圧、ストレッチをし、必要に応じてテーピングを行います。身体全体のバランスを整える為にピラティスや骨格矯正を行っていきます。そういった治療を行うことで捻挫の痛みや違和感が無くなり、再発しにくく思いきりスポーツの出来る体にしていくことができます。
足の捻挫に何度も悩まされている方は是非一度ご相談下さい。